スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生パスタ教室~ロンバルディアとバジリカータ~

楽しみの月イチのパスタ教室。今月はロンバルディアとバジリカータ州のお料理でした。

ひとつめはロンバルディア州のラビオリ、Tortelli di zucca alla Mantovana

mantovana 5

中身が面白い。かぼちゃとピエモンテのお菓子アマレットとモスタルダというフルーツのシロップ漬がはいっていています。 こうした具材や組み合わせを知ることも料理教室の楽しみの一つです。

mantovana 2
こちらがモスタルダ。フルーツ丸々がマスタード風味のシロップ漬けになっているもの。ボッリートのソースにも使われるそうです。 日本でも売ってるのかな~

mantovana.jpg
おもしろーい。中には葡萄、イチジクなどがはいっています。なめてみたら‥本当にほんのりぴりりとマスタード味。

ラビオリの中身はゆでたカボチャにアマレットを砕いたもの、モスタルダ、パルミジャーノとナツメグを混ぜたもの。伸ばしたパスタにのせて‥
mantovana 4

くるっと包んでギザギザカッターで切ればかわいいラビオリの完成
mantovana 3
ポイントは空気をきちんと抜くことだそうです。

セージバターに絡ませたラビオリはかぼちゃの甘さにときおり感じるマスタード風味の果物。かぼちゃをつかったラビオリは一度家でもつくってみたいものです。

いっしょに合わせたワインはこちら。
cadel bosco
発泡酒のフランチャコルタをつくるエリアの赤ワイン。カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン、メルロ、ネッビオーロ、バルベーラと品種盛りだくさんのワイン。カベルネ系の香りを感じるけれど、味わいはやわらかく果実味もあり飲みやすかったです。


ふたつめのパスタはこちら。
potentina.jpg
バジリカータという長靴のちょうど土踏まずのところらへんの州のパスタです。カイエンぺッパー(粉唐辛子)をつかっているのでピリ辛です。

パスタは薄力粉、強力粉に熱いお湯を混ぜてつくります。
potentina 2
生地をつくったらころころころころころころ‥

ころころしたら上から人差し指でぷにゅっと押します。
potentina 3

お肉は豚の薄切りの上にパン粉、パセリ、カイエンペッパー、ペコリーノ等を混ぜた物、パンチェッタをのせて
くるりと巻いたもの。
potentina 1
これをトマトソースで煮込みます。これだけできちんとしたセコンド料理になりますね。

そちらをパスタにのせてソースをかければ完成。

パスタはもっちもちで、指で押したくぼんだ所にソースが入り、ピリ辛トマトソースがクセになります。

ワインはバジリカータ産のアリアーニコ。
re manfredi aglianico
ボトルのデザイン同様、真っ黒で力強い赤ワイン。パンチあるピリ辛トマトソースによくあう、パンチある濃ゆい赤ワインでした。


生パスタ。州、郷土ごとに種類・タイプがあって学べば学ぶほど楽しいです。つくる工程も楽しいのでついつい黙々と夢中になってしまいます。 また自分でも生パスタつくろうかな~

ranking
スポンサーサイト

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ライオンシェフの正体

まゆみぼん

Author:まゆみぼん
東京都大田区在住
A型
しし座 ひつじ年
ねこ好き
イタリアン、ワイン大好き
平成22年ワインエキスパート取得

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。