スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHEEZE SCHOOL<プロヴァンス・ラングドック地方>

いま、月イチで青山のチーズスクールに通っていますアップロードファイル
毎回テーマ(地方)が異なり、チーズ5種類ほどとそれに合ったワイン2種類を試食、試飲します。最初の一時間ほどでその地方の歴史、地理や特色などを勉強します。そのあとはお楽しみのチーズとワイン!毎回ほろ酔い気分での帰宅になります。

前月8月のテーマはプロヴァンス・ラングドック地方。南フランスふらんすです。地中海に面しているので一年通して温暖でブドウ栽培やオリーブ栽培に適しています。特に温暖の気候によりほっておいてもブドウがたわわにたくさん実るためラングドック地方は全フランスワインの1/5の生産量を占めます。また、ボルドーなどと比べてワインをつくるのに規制がゆるいため、ボルドーなどの有名ワイナリーが「自由で自分らしいワイン」をつくるためボルドーなどでのブドウ栽培に加え、この地区で生産、オリジナリティのあるワインを製造することが最近非常に増えています。

以前、旅行でプロヴァンス地方に行きましたが、エクサンプロヴァンスの駅につき、電車から降りた途端ハーブ(ラベンダー)の香りハーブがしていました。エクサンプロヴァンスは日本の自由が丘のような雰囲気。おしゃれでのんびりしていて。。。おすすめです!

この地域の土壌は「ガリッグ」という石灰質の地層で、ここに自生するハーブなどを食べているヤギのチーズは最近輸出も増えてきたようです。ハーブを食べているため、この地区のヤギのチーズ(シェーブルといいますPlusch-Hennes)はほのかにハーブの香り・味わいがします。
cheeze 820
090820_185842.jpg


今回食べたチーズは5種類。
1.Banon(AOCチーズ)
2.Buchette de Manon
3.Cabecou
4.Roves des Garrigues
5.Pelardon(AOCチーズ)


cheeze 820 Banon Banonというチーズです。一言。「くさい!!!」

1.Banon(AOCチーズ)
プロヴァンスのヤギチーズ。ブランデー漬けの栗の葉っぱで巻いています。臭い。匂いはアンモニア臭。というか、わたしは「金魚鉢のにおい」がしました。。。見た目はオレンジ色、アップルパイのよう。

2.Buchette de Manon
プロヴァンスのヤギチーズ。Buchetteブシェット とは木の枝。名前のとおり、枝のかたちをしています。特徴はサリエットというハーブを乾燥したものがチーズの上にのっています。

3.Cabecou
ラングドックのヤギチーズ。小さなメダルのかたちをしていてさらに熟成が進むと水分が減りせんべいほどの固さになるそう。少し獣くさかったです。

4.Roves des Garrigues
ラングドックのヤギチーズ。ヨーグルトのような酸のあるさっぱりした味。まったり舌にすいつくようななめらかさ。この地方に生えているローズマリーを餌にしているのでチーズにもハーブの香りが。

5.Pelardon(AOCチーズ)
ラングドックのヤギチーズ。ペラルドンとはこの地方の方言で「ヤギのチーズ」。シェーブルらしい三位とミルクの甘み。ロワール地方のシェーブルと似ているなとおもいました。


cheeze 820 wine
今回のワインは
2008 Le Rouge(赤)
2008 Le Blanc(白) VdP Cotes Catalanes domaine Les Clos Perdus

イギリス人とオーストラリア人の二人の男性により設立されたドメーヌ。ビオワイン(有機ワイン)を実践、天然酵母で醸造。
赤はブルーベリーやカシスのような果実実に、ほんのりなめし皮のような香り。バランスがよくとても美味しかったです!!白はグレープフルーツやレモンなどの果実実もありながらコクもあり。「シャンパーニュの発泡なし版」とイメージしていただければいいかも。


シェーブルは人によって好き嫌いがあると思います。しかもこの地区のチーズはなかなか日本に入ってこないためあまりお店で出会えないかも。。でも逆をいえば、お店でみつけたらそれはよい機会!ぜひお試しを。

このチーズ教室も今月で一旦今クール終了。今回はフランスチーズでしたが今度は「イタリア・スイスのチーズ」とのこと。しかもクラスでモッツァレラチーズをつくり、スイスの回ではチーズフォンデュがあるそうでかなり楽しみ!!早速継続手続きしました。
また勉強してきたらこちらのブログで紹介していきますほっこり♪stereo

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たくさんチーズの種類ってあるんですね。
ぜんぜん知りませんでした。
やぎのチーズはくせがありそうな感じですが、ハーブの香りがするのは食べやすそうですね。

食べやすいチーズは‥

チーズはワイン同様、結構その国の歴史やつくられた地域の風土が関係していて勉強すればするほどおもしろくなります。
チーズは白カビチーズのブリーチーズやハードタイプのコンテというチーズがくせもなく食べやすくてお勧めですよe-461
ライオンシェフの正体

まゆみぼん

Author:まゆみぼん
東京都大田区在住
A型
しし座 ひつじ年
ねこ好き
イタリアン、ワイン大好き
平成22年ワインエキスパート取得

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。