スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wine book

こちらのブログですが、パスタメインのブログのはずが、飲兵衛なライオンシェフがたびたびワインネタをぶちこむのもあってワイン好きの方に見ていただくことも多くなり、ブログを通じてワイン仲間が増えたことがとてもうれしいです!

今回はわたしのお気に入りワイン本をご紹介。まだまだ、パスタ本まではいかないけれど、ワイン本の収集率もメキメキアップしております。

wine book1
上から

①フランスワインハンドブック ネコ・パブリッシング(ネコ!?いま気付いた‥)

②CREA EATS の ホントにおいしいワインの選び方

③ワイナート の ワイン基本ブック

④ワイナート の 特集ワインの基本
        です。




①フランスワインハンドブック
は、結構昔に購入したのですが、これは1冊あって損することなし!「あのとき買ってよかった」といまでも思います。外国の本を日本語に訳して出版しているようで、たまに日本語がおかしなことになってるのがちょっとウケます。
中身は全頁カラー。
wine book 4
こんなにこまかく産地がわかれて紹介されている本もないと思います。しかもすっごい詳しい。知られていないようなマニアックな産地でも載っているし写真も多く、とても見やすいです。 ほんと、おすすめです。

各産地のワイナリー巡りのツアーガイドページにはどうやってワイナリーを回れば効率的かも載っているし、有名産地の郷土料理もこんなにくわしく写真つきで掲載されています。
wine book 3
あーどれも美味しそう!基本的にワインはその郷土料理や産地のチーズに合わせるのがベストと言われています。ボルドーの赤ワインには子羊のローストなどが合うようです。本によるとMouton Rothschildのムートンは子羊のムートンではなく小さな丘という意味だそうです。あれ?でもボトルに羊の絵がよく描かれていますよね??おや??

②CREA EATS の ホントにおいしいワインの選び方
ではこれを飲んどきゃ間違いないっつう有名どころのワインが50紹介されています。

wine book 5
ドンペリさんとサロンさん。サロンというシャンパーニュは「いいのができたぞ」っていう年にしかつくらないという超高級シャンパーニュです。ドンペリの3倍の値段で紹介されていますね。。

どのワインも超有名だけど。。買えないっす。。そんな我ら庶民のために、下段にそのワインと同じような味わいで低価格・別国のものやセカンドワインが紹介されています。

③ワイナート の ワイン基本ブック
この本でおすすめしたいのはこのページ。
wine book 2
品種別の香りの特徴がこんなにわかりやすく載っているんです!文字で書かれるよりわかりやすいですよね~。全体的な色合いからもその品種の特徴の違いがわかります。ピノノワールは赤い果実が多く、シラーは黒いものばっかり。シラーの香りの特徴にカブトムシが載ってましたが‥カブトムシににおいがあるのでしょうか。

④ワイナート の 特集ワインの基本

は、品種や製品よりも「つくりかた」重視の内容です。いや~マニアックです。たとえばこんな感じ。
wine book 6
ステンレスタンク発酵とオーク樽発酵の違い。

マニアックでしょう。このほかにも小樽と大樽の違いや地質の違い(同じ醸造家のワインで石灰岩と花崗岩でつくったワインの違い)など‥        ぜんぜん「基本」じゃありません。


ワイン好きなあなたに、これからワインかじってみようかしらなあなたに。
    参考になればと思います。


  しかし。

小さいころに奈良漬けがだいすきだった子供が、案の定、酒好きになり、酒が強くなり、さらにここまでハマるとは‥‥。

b_02.gif
スポンサーサイト

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。 私は初めての海外旅行が妹とドイツ、スイス、フランスを周遊するワイン街道の旅というものでした。その時行ったアルザスのワイン以外はまったくわかりません。何となく興味があるかな・・・というくらい。 あまり強くないのに、飲んでみたい派です。まゆみぼんさんの紹介された本を見ながらだったら予備知識も増えて楽しくいただけそうですね。
先日紹介されていた牛肉の赤ワイン煮込み、今日作ってみました。 ”圧力なべ” が出てきた所で、ガ~ン、持っていない! と思いましたが、煮込み時間延長でやわらかくできました。 味はちょっと酸味が強すぎたかなと・・・バルサミコかウスター入れすぎかも。 でもとてもおいしかったです。

shidekuboさん、こんにちは。

ワイン街道の旅!うらやましい!いつか得た知識をもっとワイナリー巡りするのが夢です。アルザスも家並みがスイスのような雰囲気もありとても美しい街ですよね。


わ~。赤ワイン煮つくってくださったんですか(^O^)うれしいです。コメント書いてたらまた食べたくなってきました~。(→ただ、いまダイエット中のため妄想だけでお腹を満たします。。)

ワイン、イタリアンネタご紹介していきますのでよかったらまたぜひいらしてくださいね。

No title

お師匠さまだわ~!さすがまゆみぼんさん。
ワインは飲めればいいと思う時があったけど、知れば知るほど奥が深くて楽しそう~。

それにしても、まゆみぼんさん、小さなころからお酒好きの片りんが!
奈良漬ってなかなか食べられなかったなぁ、なつかしいな。

Hanna Chopiさん、こんばんは。

小さい頃から奈良漬けがどぅあい好きでした。危うく一本平らげそうなのでいつも防御策で数個の器に小分けしてます。アイスも小さい頃からコーヒーやラムレーズンを選んでたな~。。

うぅ。先程HannaChopiさんのブログにコメントしたらスパムと見なされ投稿できましぇんでした!!「パ〇チラ」がいけなかったんでしょうか…(T0T)
あ。自分のブログでもスパムられた(T0T)パ○チラにしたら通りました。。

No title

私も子供の頃から<奈良漬け>が大好きで
そのせいか?今でもアルコール好きが
体から抜けません?!(笑)

No title

ある、ある、カブト虫の臭いってあるよ(笑)

なんていうのかなぁ~。
ジメっとした感じの、湿気たっぷりの、
…う~ん、言葉ではなかなか伝えにくいなぁ。
けれど、良い臭いでないことは確かです(笑)

ライオンシェフはよく本を読まれるのですね。
「好きだから知りたい」。
そういう感覚はいつまでも持っておきたいなと思います。

いちごっ娘さん、こんばんは。

そうですか!わたし以外にも奈良漬け好きキッズがいたとは!!酒好きは急に突然なるわけでもなく、少なからず生まれたときから素質?があるのですね~。ついでに、もしかして生クリーム、苦手ですか??

キムラ書記さま、こんばんは。

カブトムシの香り、あるんですね~!!ワインのテイスティングで品種分析するにはいろんな香り知ったもん勝ちですね~。カブトムシ、か…。臭そう。。

いわゆる「本」は苦手なんです。めっきりパスタ、ワイン、東京レストラン、洋書のゴシップ雑誌が多いですね~。
最近集中して読み込んだのはテレビブ○スですし(笑)←買うの恥ずかしかった。
ライオンシェフの正体

まゆみぼん

Author:まゆみぼん
東京都大田区在住
A型
しし座 ひつじ年
ねこ好き
イタリアン、ワイン大好き
平成22年ワインエキスパート取得

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。