スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タラとアサリのトマト煮込み

なんだか魚介が食べたい日。タラとあさりのトマト煮込みをつくりました。
seafood soup 
こないだ銀座のワインが豊富なオザミ、店名:パリのワイン食堂でオマール海老(だったはず。。)のブイヤベースを食べて、自分でもつくりたくなったのです。もちろん、オマールさんは調達できまへん。

サフランがうちになかったのでブイヤベースと名乗れない?そしてサフランって高い割には使う機会があまりない。。なのでシンプルにトマト煮込みです。

サルデーニャのパスタも少量入れてみましたよ。

[用意するもの]
□タラ      1切れ
□アサリ     1パック
□アスパラ    2本
□新じゃが(小) 2こ
□トマト     半分
□たまねぎ    1/8
□パスタ     適量
□白ワイン    適量
□ブイヨン    適量

[つくりかた]
□アサリを塩水につけて砂抜きしておきます
□にんにくとたまねぎをみじん切りに、タラとアスパラを適当な大きさに切ります
□タラに塩コショウをしておきます
□トマトは皮を湯むきしてこまかく刻みます
□新じゃがはゆでて半分に切ります
□冷たいフライパンにオリーブオイル、にんにくをいれて弱火にし、いい香りがしてきたらたまねぎをいれて炒めます
□タラ、アサリをいれて炒め白ワインをいれて蓋をします
□アサリが開いたら一旦外にだしておきます
□フライパンにアスパラ、パスタ、じゃがいも、トマト、ブイヨンをいれて煮ていきます
□数分煮たらアサリを戻し、オリーブオイル、乾燥イタリアンパセリをいれてひと煮立ちさせたら完成!


seafood soup 3
最後にご飯をいれても美味しいですよ。魚介のダシがご飯に吸い込み‥美味

アスパラ、パスタは生のままでOK。煮ているうちに火が通ります。下準備さえすれば後はフライパンにいれて蓋して待っていればよいので簡単です

パスタはサルデーニャのパスタ、gnocchetti sardiを使いました。カッペリーニなんか短くしてつかってもいいかもしれませんね。


春一番が吹いたらしいです。
flowers.jpg 

鼻や顔が若干かゆい。くしゃみも必要以上にでる。

わたしはひどい花粉症ではないのにコレってことは‥今年は相当の花粉が飛んでいるのでしょう。昔なんか花粉症なんてなかったのに。公園のつつじの蜜を吸いまくっていたあのころ。(赤いつつじと白いつつじで少し味が違うとか言ってたな~)あんなに自然に平気でたわむれていたのに、いまや花の、さらに花粉に悩まされるとは。。


うちにも春の便りが。
cherry brossom
梅が咲き始めましたよ。

cherry brossom2 
さらに暖かくなる日を求めて。 咲く準備はできあがっているようです。



ランキングに参加しています。ぽちりぷり。
b_02_20110130180848.gif

にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

ライオンシェフの正体

まゆみぼん

Author:まゆみぼん
東京都大田区在住
A型
しし座 ひつじ年
ねこ好き
イタリアン、ワイン大好き
平成22年ワインエキスパート取得

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。