スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRIP TO LONDON 2013 ~COVENT GARDEN

Jamie's Italianのあるコヴェントガーデンは有名なショッピングモール。
若い女子が好きそうな、こじんまりとして可愛いお店がたくさん集まっています。
LONDON coventgarden

コヴェントガーデン駅をでて、ショッピングモールに向かう途中にこんな大道芸人が!
LONDON coventgarden 4 
駅界隈にはたくさんの大道芸人がいます。目の前から写真撮る勇気がなくてうしろからこっそりパシャリ。


携帯時代の現在では なかなか見ること、使うことのなくなった電話ボックス。


皮肉なことに?iphoneを求める行列の並ぶアップル社の横にあるという、ブラックジョークを感じさせるなつかしのロンドン電話ボックスでした。



コヴェントガーデンは元々青果市場だった建物を改装してつくったショッピングモールなので、市場の名前もアップルマーケットです。
LONDON coventgarden 2
でも売ってるものは小物や洋服、絵画などが大半で青果は置いておりません



外には大道芸人ですが、中にはオーケストラ!
LONDON coventgarden 3

天井がドーム状になっているので、演奏や歌声がコヴェントガーデン全体に響きます。なんともアットホームな雰囲気。


そしてコヴェントガーデンのど真ん中に陣取るレストラン。。




LONDON coventgarden 5 
実は前回ご紹介したジェイミーオリバーのレストランなのです!!

Union Jacks - @Covent Garden
ジェイミーオリバーとアメリカのピッツェリアビアンコのシェフ、クリスビアンコのコラボレストランで伝統的ブリティッシュ料理とピザが食べられるレストラン。





ジェイミーどんだけ儲けてんだ!
スポンサーサイト

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

TRIP TO LONDON 2013 ~Jamie's Italian

ロンドン旅行のおおきな目的のひとつ。。


それはジェイミーオリバーのお店にいくこと!!!


イギリスの国民的有名料理家、元?イケメンシェフのジェイミーオリバー。

jamie oliver book front page 
いまは前の面影もなく‥太ってしまいました‥きっと儲かったのでしょう‥

ジェイミーのDVDや料理本をみながら料理の楽しさやかっこよさを知ったわたしは どうしてもこの旅で本場ジェイミーのイタリアンレストランを訪れたかったのです。そして念願かない‥


Jamie's Italianはイギリス国内に数十店舗、シンガポール等世界にも数店舗展開しています。今回はロンドン市内のコヴェントガーデンにあるJamie's Italian に行ってきました。
LONDON - Jamies italian

ネットで調べたところ、普通に予約せずにいくと1時間半ほど待たなくてはならないとのことで、早々と日本からネット予約してから行きました。

なんて便利な世の中なのでしょう。。


LONDON - Jamies italian 3

店内はカジュアルな雰囲気。地下フロアにも座席あって とっても広々とした店内です。

LONDON - Jamies italian 6
シャンデリアもクール。ついついジロジロ店内を見てしまいます。

LONDON - Jamies italian 5
入口と壁にはジェイミーのグッズがずらり!
さすが、ジェイミー。いろんな商品を展開しているのですね。ジロジロ。 だって日本では手に入らないものばかりだもの

LONDON - Jamies italian 4
まずは喉が渇いたのでイタリアンビール モレッティを。 ロンドンではいろいろなビールを飲みました。


LONDON - Jamies italian 2
ナプキンもオリジナルじゃないか!と興奮気味でぱしゃり。

メニューもかっこいいんだ。 アレルギーやベジタリアンにもわかりやすいメニューになっています。
わかりやすいけどかっこいい。クール。

まずはサラダ。

LONDON - Jamies italian 10
ざ、斬新!! 

ロメインレタスに数種のゴマや種、ヨーグルトドレッシングがかかった一品。ナイフでさくっと切っていただきます。

こちらはイカのカラマリ
LONDON - Jamies italian 9
ガーリックとチリ味のマヨネーズをつけて。 
ジェイミーと言ったらチリですよね。唐辛子の輪切りがカラマリにのっていました。

おいしい~。ビールにあいます!
 


ここから怒涛のパスタ

もう一生食べられないかもしれない!とおもい、気になるパスタをあれやこれやとチョイス!

パスタはほぼすべて普通のサイズ以外にハーフポーションもあるので手軽にいろいろなパスタが食べられます。

さすがジェイミー!

LONDON - Jamies italian 7 
ボンゴレのタリオリーニ
ケッパーが効いてていい味だしている。勉強になりますね。

ちなみにパスタはすべて毎朝お店で手打ちしている手作りパスタだそうです!!

LONDON - Jamies italian 8
こちらは本当においしかった、タリアテッレボロネーゼ


ボロネーゼってお店の本格度合い、美味しい度合いがわかるパスタだと思うのですが、ここのボロネーゼはとっても美味しかったです。パスタももちもちで最高でした。


LONDON - Jamies italian 11 
どどーんと‥
こちらはジェイミーオリバーお得意の一品。ラビオリのメニューから選んだカネロニです!!


パスタのなかにナスとドライトマト、カボチャ、リコッタとほうれん草の3種類の具がはいっていて食べるたびに味がかわりとっても楽しくて美味しかったです!これは家でも作ってみたいな~と思います。

最後はこちら。
LONDON - Jamies italian 12 
イカ墨のパスタ

アンチョビとケッパーの効いたイギリスでとれたホタテのパスタです。パスタがちょうどいい固さでおいしいな~おいしいな~♪

終始興奮。


ほんとうにどれもこれも美味しくて大満足でした。お店の店員さんも非常に親切で、有名だからおろそかになってしまう部分の不安は全くなく、とても楽しいランチタイムを過ごせました

平日ランチとはいえ、さらに当日は大雨だったのにもかかわらず、お店は常に満席で、さらにどんどん客がはいってくる状態。ぜひネット予約を活用して事前に予約してから訪れたほうがおすすめです。

お店の詳細、ネット予約はこちらへどうぞ
http://www.jamieoliver.com/italian/covent-garden

Jamie's Italian, Covent Garden
11 Upper St Martin's Lane
London
WC2H 9FB

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

TRIP TO LONDON 2013 ~ブリティッシュタパスレストラン

ロンドンの料理はおいしくない。



なんてのは遠い昔の話。 

多種多様の洗練されたレストランがロンドンにはたっくさんあります。

いまはインターネットの普及で日本からちょちょいとレストランがインターネット予約できるので とても便利です。ぐるなび的なサイトもあるので エリアやジャンルで絞ってレストランも探しやすいです。

今回楽しみにしていたレストランのひとつは ラグジュアリーな空間でイギリス伝統料理に工夫をこらしたブリティッシュタパスが食べられるという、Boyds Brasserie Bar and Lounge というレストラン。ネット上で日時を設定して日本で事前に予約していきました。


店内が暗いので写真がみにくくてすみません。。

LONDON - Boyds Brasserie bar lounge 1
天井が高く、シャンデリアに大理石‥なんともラグジュアリーな店内。

でも実は値段はお手頃で、店員さんもフレンドリー。わいわいがやがや気軽に入れるレストランです。



こちらのレストラン。実は元々はホテルだったそうです。

元は500室あったグランドホテル。なんと1880年代のお話です。ロンドンの鉄道ができたころに宿泊地として建設されたそうです。

その後、戦争の際にオフィスとして作られたり HOTEL VICTORIAとしての長年の歴史を経て、2010年に当時のビリヤードルームとボールルーム(舞踏室)がBoyds Brasserie Bar and Lounge にかわりオープンしました。

(‥お店の歴史を英語で読んでの自分なりの翻訳のため間違っていたらごめんなさい‥)


LONDON - Boyds Brasserie bar lounge
席の隣にはお酒がずらり。

料理はとてもお得な PRE THEATRE SET MENU をチョイスです(少し早目の時間の17-19時のみ選べます)。

たくさんあるタパスから2つチョイス + メイン の2コースで £15.90 です
(もしデザートをつけて3コースなら£18.90)

だいたい2500円くらい?ロンドン市内でこんな素敵な空間で夕食3000円以内ならうれしいお値段ではないでしょうか。

タパスはこちら。 じゃらーん。
LONDON - Boyds Brasserie bar lounge 2

サーモンとタラのフィッシュケーキ に ハーブが効いたグリーンがきれいな冷たいスープ に ロブスターが入ったスクランブルエッグ とコロッケ‥

どれもこれもおいしい~!!ちょこちょこいろいろなものが食べられるのがいいですね!

LONDON - Boyds Brasserie bar lounge 3
兵隊さんのかたちしたトーストでスクランブルエッグをすくっていただきます!

兵隊のかたちが なんともキュート。かわいいですにや。

メインは‥ひとつはパスタ。
LONDON - Boyds Brasserie bar lounge 4
でました、お豆。お豆がいっぱい。

確か リコッタとかぼちゃのYUM YUMなパスタでした!
パスタひとつがとても大きくて食べ応え抜群。ナイフで切っていただきました。勉強になりますね。


もうひとつは鶏胸肉のロースト。
LONDON - Boyds Brasserie bar lounge 5
エストラゴンだったかな~。もうホームページのメニューがリニューアルしてしまっていてわからなくなってしまった!

スパイスが効いたソースを鶏肉とごはんと混ぜて‥美味しい~

ちなみにトイレは地下のわけわからんところにあるのでちょっと怖かったです。行き先を言われて進んでみつけたのがホテルのジムのトイレ(着替え室?)で。。もしかして違うトイレをつかっていたのか。。

場所はトラファルガー広場から歩いて10分くらい?最寄り駅はCharing Crossです。
とってもおすすめなのでもし訪れる機会があればぜひ~


Boyds Brasserie Bar and Lounge
8 Northumberland Avenue, London WC2
TEL:0207 808 3344
http://www.boydsbrasserie.co.uk/




ちなみに当日。オックスフォードサーカスからベイカールーラインでレストランに向かうところ、オックスフォードサーカス駅の地下鉄の入り口にひとがあふれている!!なにかあったのか!?レストランまでどういけばいいのか?予約してるのに~。という非常事態に。。
(そのあと、twitterで調べたところ、セントラルラインが信号トラブルで止まってたらしいです。ネットって便利~)

しかも雨でさらに帰宅ラッシュの18時前。空きのタクシーは案の定つかまらず。。

街の中で急きょ地図を広げてバスでいくことになり、どうにかこうにかダブルデッカーバスにのってトラファルガー広場まで進み、無事、予約5分前にレストランにつきました。

突然のハプニング。旅行にはつきものですよね。ハプニングも思い出でやす。



ちなみに、ロンドンにもsuicaのような磁気カードがあります。

その名もoyster card。

 
カードは返金した際に泣く泣く返却。こちらはカードつくったときにもらったケースです。




オイスターカードだと、切符で買うより断然安いし、一日の使用限度額が決まっており、ある一定の金額まで一日つかうとONE DAY TICKETと同じ扱いとなり、それ以降は余分に引き落とされないようになっています。なので1日移動でたくさんつかうならとってもお得。もちろん、バスも使えます。

ロンドンもピっの時代です。

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

TRIP TO LONDON 2013~The Shard

とある日は 去年できた最新観光スポット、The Shard に行ってきました。

LONDON -The Shard
ロンドンブリッジ駅にあるこちらのThe Shard 。関西国際航空をデザインしたイタリアの建築家、レンゾ・ピアッソが手掛けました。

高さは310メートル。日本のスカイツリーの半分しかありませんが、ヨーロッパではNO1の高さのビルになります。

チケットはインターネットで日にちと時間帯を指定して事前購入ができますよ。

詳細はこちらをチェック→http://the-shard.com/LONDON -The Shard 2
ロンドンブリッジ駅から Sky View や The Shard の表示をみながら進むと入口発見!

しかし入口は閉鎖。スタッフは誰もいない。。

どうやら時間にならないと開かないようです。。

ふきっさらしの強烈な寒さと風で しばらくここにいたら確実に風邪ひいてしまいそうだったので近くのカフェに入ることに。


LONDON -The Shard 3
キュートなビッグベンのマグカップで温かい紅茶を飲んでからだを温めます。

こちらのカフェは手作りサンドイッチも売りのようでオフィス街なので、たくさんのサラリーマンがお昼用?のサンドイッチを買いにきてました。さっと入店、購入、さっと退店。ロンドンのサラリーマンも忙しそうですね。


時間になると入口が開き、荷物検査等を通りいざ、68階へ

LONDON -The Shard 4

去年できた最新スポットのはずが‥ひとがいない!!  5-6人しかいません。。


みなさん荷物をそこらにおいて記念撮影。 Shardのスタッフが荷物の見張り番してる状態です。

平日の午前だったのと値段がそこそこ高い(4,000円くらい)からでしょうか。日本だったら大行列のはずですが。おかげでゆっくり堪能できました。 


LONDON -The Shard 6 

タワーブリッジとろんどんとうを眼下に。くねくねうねったテムズ川が見て取れます。


ビッグベンとウェストミンスター寺院、大きな観覧車のロンドンアイが見えます。

LONDON -The Shard 5
こちらからは故ダイアナ妃が結婚式をあげたセントポール寺院が見れます。

68階の展望台から72階に階段であがると、そこはルーフテラスになっており、外に出てロンドンの景色が楽しめます。

Shardは「破片」という意味があるそうで。ガラスの破片のようなデザインになっています。


夕日や夜景も綺麗そうですね!





激寒のなか、ランチ場所探しに鼻水たらしながらロンドンブリッジ駅付近をさまよい‥

イタリアンを発見!Azzurro italian bar kitchen です。


スタイリッシュで広い店内。店員さんも優しくて感じがよく、当たりでした。
すこししたら近くで働く会社員で店内満杯に。人気店なんですね。

お得で美味しい平日ランチをいただきました。

LONDON -The Shard Abruzzo
昼からビール。これで少しは身体が温まるかな。

LONDON -The Shard Abruzzo 2 
TAGLIATELLE POLLO PICCANTE

チキンとたまねぎのピリ辛トマトソースにフレッシュクリームチーズがのっています。タリアテッレおいしい~♪

LONDON -The Shard Abruzzo 3 
SPAGHETTI ALLA VENEZIANA

エビとザリガニのトマトクリームソーススパゲッティ。唐辛子がはいっているのでこちらもピリ辛。


お皿こんもりでボリュームあるパスタでしたがたくさん歩いたのでもぐもぐ食べてしまいました。

隣の席のラザニアも美味しそうだったな~。The Shardに行く機会があればぜひ~。


Azzurro italian bar kitchen
35 Tooley Street
SE1 2QJ
Tel: 020 7407 5267
http://www.azzurro-restaurant.co.uk/

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

TRIP TO LONDON ~English Breakfast

旅行の楽しみの一つ。朝食です。1日元気に出かけるためにはきちんと朝ごはんを食べなくては。

イギリスには定番の朝食があります。
LONDON - English Breakfast 4
 イギリスならではの朝食。これらをみるとイギリスに帰ってきた~!とプチ興奮します。

イギリスの定番朝食といったら‥
 ・ベーコン
 ・ソーセージ
 ・卵(スクランブル 目玉焼き)
 ・ハッシュドポテト
 ・焼いたブラウンマッシュルーム
 ・焼いたトマト
 ・ベイクドビーンズ
 ・ブラックプディング(血のはいった真っ黒なソーセージ)

ベイクドビーンズとブラックプディングは苦手なのでお皿には盛らず。写真で勘弁
LONDON - English Breakfast
お豆の国、イギリスでは朝食にもたっぷりの豆を。

隣の英国人(どこかのパーサー?)をみるとお皿の半分が豆でした。

LONDON - English Breakfast 2
黒いソーセージは勇気がないので食べたことはありません。

トマトは日本では焼いたトマトなんぞ朝食には食べませんが、イギリスではど定番。塩をかけてフォークとナイフで切って食べます。以前訪れたケンブリッジ大学では焼きもせず、温めたホールトマトのみが朝食に出ていました。

LONDON - English Breakfast 3 
パンがずらり。 

わたしはうっすい茶色のパンを焼いてそこにnutellaを塗って食べるのが好きです。パンをお皿に乗せて豆をかけている人、ベーコンと卵焼きをパンに乗せて即席サンドイッチをつくっているひと‥ひとそれぞれで楽しいですね。

LONDON - English Breakfast 5 
いつかの朝食。

パンケーキ自動製造機がありました。機械のなかで生地がポトッと落ちて焼かれてベルトコンベアーで2枚でてきます。

LONDON - English Breakfast 6
メイプルシロップとチョコレートシロップをかけていただきます。


いつかの朝食。

nutellaがひとつからふたつに。日に日にnutella消費率が高くなります。

この小さい手のひらポーション、日本でも売ってないかな~。ちなみに瓶?のものは成城石井などで購入できます。


早起きして 朝食食べて 元気にロンドンの街へ繰り出します

テーマ : イギリス旅行
ジャンル : 旅行

ライオンシェフの正体

まゆみぼん

Author:まゆみぼん
東京都大田区在住
A型
しし座 ひつじ年
ねこ好き
イタリアン、ワイン大好き
平成22年ワインエキスパート取得

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。